ブリュードッグクロックワークタンジェリン

CLOCK WORK TANGERINEクロック ワーク タンジェリン

COLUMN柑橘系のフレーバーが重なり合う、ジューシーなのにドライなセッションIPA

ジューシーだけどまったりしてないドライなやつが欲しい。

そんな時は、BREW DOG(ブリュードッグ)のCLOCK WORK TANGERINE(クロック ワーク タンジェリン)

グラスに注いだ液色は、オレンジのジューシーなフレーバーを予感させる赤みがかったゴールド。その液色にふさわしいトロピカルなアロマが立ち上がります。

しかし、口に含むとタンジェリンの甘みではなく、爽やかな酸味と苦味が一気に押し寄せる。

それを追いかけるようにシムコー、シトラホップが作り出すグレープフルーツやライムのような柑橘系のフレーバーが重なり合います。

それも束の間、そのジューシーな余韻を残さず切れ上がるすっきりドライな後味で、ゴクゴクといつまでも飲み続けられそう。

まさにセッションIPAのスタイルにふさわしい仕上がりの逸品です。

ブリュードッグのクラフトビール

クロック ワーク タンジェリンのブルワリー / ビアスタイル / 原産国

5種類のクラフトビールが注がれたグラス

India Pale Aleインディアペールエール IPA

IPA(インディアペールエール)は、ペールモルトを使用して上面発酵で作られるペールエールの一種で、ホップの風味が強いことが特徴です。 1815年ごろにイギリスからインドに輸出するための長い船旅に耐えられるよう、ペールエールよりも麦芽を多く使用してアルコール度数を高めて劣化・腐敗を防げるよう保存力を高めたビールが開発されました。そして、1829年に「IPA(インディアンペールエール)」の呼び名で広告が掲載されて以来、ホップの比重が高いビールとしてイギリス国内で人気が高まっていき、21世紀にはイギリスで最も人気のあるビアスタイルの一つとなりました。イギリスのブルワリー教会SIBAの金メダルを受賞したブリュードッグの「パンクIPA」などが有名です。 伝統的なIPAのスタイルは、オーストラリアやニュージーランドなどの当時の植民地諸国へと輸出され、各国へと普及していきましたが、アメリカではさらに独自の進化を遂げてきました。 ローストしたモルトを使用した「ブラックIPA」、アミログルコシターゼという酵素を加えて頭部を取り除きドライで爽やかな飲み口を実現した「ブリュットIPA」、ホップが強烈でアルコール度数が7.5%を超える「ダブルIPA(インペリアルIPA)」、苦味の少ないホップを使い、ジューシーな柑橘系とフローラルのフレーバーが特徴の「ニューイングランドIPA(ヘイジーIPA・ジューシーIPA)」など様々なIPAのスタイルが存在します。